技術・実績紹介

特殊溶接

内径TIG溶接機の設備と技術を平成8年に開発。これにより最小径はφ35、長さは最大3mまで可能です。
溶接ワイヤー線径が1.2㎜リソットワイヤーの溶材であれば全ての金属の肉盛溶接が可能となり、溶接法は信頼のおけるオートTIG溶接法であります。

TIG肉盛溶接

  • ●最小径はφ36より、溶接ワイヤーの線径がφ1.2㎜でソリッドワイヤーの溶材であれば全ての金属の肉盛が可能です。
  • ●安価な材料に耐熱・耐摩耗・耐食性の肉盛溶接により高価材料と同等かそれ以上の性能を発揮します。
    (ステンレス鋼・ハステロイ・ステライト・ブロンズ他各種)
  • ●摩耗、腐食による部品の再生加工が可能です。
  • 専用機による内径溶接

  • TIG溶接図

●鋳物溶接組織断面写真(Ni合金溶接) ※分析写真:国立大学法人 室蘭工業大学 材料物性工学科

  • 肉盛溶接部分

内径溶接中

溶接後

加工例

  • 減容圧縮成形機スクリュー肉盛再生

  • バルブ部品ステライト盛

  • 微粉炭移送スクリューコンベアセラミックコーティング

  • 破砕刃肉盛再生

  • 内径溶接中

  • ピースカッター

  • スクリュー修理後

鋳物破損品

溶接再生後

スクリュー [修理前]

スクリュー [修理後]

モーノポンプローター [修理前]

モーノポンプローター [肉盛溶接後]

鋳物 [修理前]

鋳物 [修理後]